無料のお茶

無料のお茶があれば、とにかく飲んでしまう。

 

無料のお茶というのは、給茶機という機械のボタンを押せば出てくる、お金のかからないお茶のことだ。

給茶機を見つけるとかなり嬉しくなる。だって無料でお茶が飲めるんだから。

私の実家では毎食後緑茶を飲む習慣があったので、一人暮らしを始めて緑茶を飲まなくなってからは本当に給茶機がありがたくなった。普段欠乏しているカテキンをせっせと摂取するのである。

 

給茶機は、いろんな所にある。

私が今もっとも利用しているのは、大学の食堂にある給茶機だ。たくさん積まれたお椀型のコップを給茶機のくぼみに置き、ボタンを押せば適量の温かいお茶が注がれる。この食堂が東京で一番優しい場所である。このお茶を何度もおかわりしながら、1人用の席に何時間も座り続けている。

 

次によくお世話になるのが、競馬場にある給茶機である。

この給茶機は、ボタンを押すだけで紙コップが自動的にストンと落ちてきて、同時に給茶を始める。多少過保護かと思うぐらいだが、競馬場には汚い年寄りが多いので下手に操作させるよりはいいのだ。しかしこの紙コップは金属のプレートで割としっかり固定されているので、取る時にお茶をこぼして火傷する可能性が高い。先日も、焦っていたおじさんが勢いよく紙コップを取り出し、中身の6割ぐらいを手の甲に浴びて悲鳴をあげていた。競馬場で焦る年寄りは醜い。

 

そして、最後に紹介するのが高速道路のサービスエリアなどにある給茶機である。

この給茶機は、水・お湯・緑茶・玄米茶と、なんと4種類の飲み物を無料で提供してくれる。さすが有料道路。

ここではもちろん、他の給茶機にはない玄米茶を飲む。紙コップが小さく一杯が少ないため、いつも4,5杯飲む。また、かなり熱い状態で給茶されるので、サービスエリアを出発する直前におかわりしてしまうと慌てて飲んで火傷する恐れがある。競馬場の年寄りと同じく、無料のお茶で火傷するのは非常に情けないので気をつけたい。

 

給茶機は、普段の生活でお茶を飲む気力のない人間を虜にする。

「ボタンを押すだけで温かいお茶が出てくるなんて、そんな都合のいい話があってはいけないのだ」と分かっていながらも、誘惑に負けてしまうのだ。

向こうから「また来てね」などと言うことは絶対にない。絶対にないが、我々が会いにいけば、給茶機は必ず待っていてくれるのだ。

 

 

 

熱いお茶の美味しい季節が来る。

食事

一人暮らしをしているので、自ら動かなければ食べ物にありつくことができない。

栃木の実家のように、時間になればごはんが勝手に出てくることもなく、ましてや「ごはんができたぞ」と言って叩き起こされることもない。

東京が悪いのか?しっかりしろ小池。

 

とにかく腹を満たすためには料理をするか外食をするか既製品を買うかという選択肢に絞られるわけだが、ここでの選択は人によってかなりバラけると思う。

というのも、それぞれにメリット/デメリットがあるからだ。素晴らしいゲームバランス。

以下、思いついた点を挙げる。

 

料理をする(自炊)

メリット:断然安い。好きなものが作れる。

デメリット:材料調達から調理まで時間がかかる。自分の能力によって味の質が左右される。食べ終わったら後片付けをしなくてはいけない。

外食する

メリット:待ってれば出てくる。食うだけで、後片付けはしなくていい。

デメリット:お金がかかる。

既製品を買う

メリット:自分の好きな空間で食べられる。

デメリット:外食ほどではないがお金がかかる。塩分を多く取りがちになる。ゴミが出る。

 

 

とまあなんか偉そうに挙げてみましたけど、書いてる途中で飽きてきたし、結論はシンプルなんですよね。

自分が好きなものを食えばいいじゃんっていう……

 

自分が好きなものを食えばいい。

 

ちなみに、イメージ的には

自炊……経済面+5 楽さ-5

外食……経済面-5 楽さ+5

既製品……経済面-3 楽さ+3

って感じです。

 

だから、料理が上手くなっちゃえばとりあえず最強なんですよね。自分の好きな味を自分で生み出せるようになったら無敵。俺は2年半かけてやっと最近この境地に近づいてきました。

あとは、金と店さえあれば外食も強い。平松洋子とか江國香織のエッセイを読んでると美味そうな店が出てきて歯がゆくなる。俺に金をくれ……

既製品は、限界がある。バカ高いこともないが、かと言って究極の一品というものもなかなかない(そういった売り文句はあるが)。「最近の冷凍食品はすごいぞ!」という主張を耳にすることもあるけれど、それでもやはり冷凍食品の世界は越えられてないと思う。

 

なんかこれ、本当にゲームみたいだな。オンライン対戦系の。

初心者向けの既製品では、トップクラスに立つのは難しい。

課金勢が強い外食と、プレイング次第でどうにでもなる自炊。

は?

かつてちょろっとだけやった艦これで、空母はコスト食うけどパワーがあるから他のやつより圧倒的に強いよね、みたいなことを友達に言ったら「駆逐艦とかも育てれば強くなるよ」と言われたことを思い出した。自炊みたいだな。

 

 

対戦ゲームみたいとは言ったけど、食事って自分だけのためのものだしな。

俺は何が言いたいんだ?

 

 

 

立ち上がる時 華のエイティーン

輝けエイティーン

お前がそういうことを言うな

髪を切るまでに時間があったので、紀伊国屋書店をうろうろしていた。

 

星野源のエッセイが目に入り、俺は星野源がそんな好きじゃないけど少し読んでみるかと思って最初の一編だけ読んだ。

 

おっぱい礼賛の文章だった。

「巨乳だけがいいんじゃない、微乳もいいんだ。むしろ微乳がいいという人もいっぱいいるぞ。とにかくどんなおっぱいでも最高です」ということを言っていた。

 

なるほど。

 

俺、実はこういうことも言っちゃうんです。どう?意外?まあ、俺のこと好きな人は知ってるよね。

 

という気持ちで書いたと、俺の中の星野源は言っています。

 

完全に気持ち悪いのは、おっぱいの話をしていながらも男の共感を得ようとしていないところだった。

おっぱいいいよね〜!グヘヘ でなく、おっぱいを持つ女性達マジ尊い感謝 といった感じで、女を持ち上げていた。

 

でもこれ、もしかしたら女性は

「男子同士で話すようなことを女子にも覗かせてる文章」

と捉えるんじゃないだろうか。

 

星野源はそう捉えられるかもしれないと分かっていて、女性が無意識のうちにいい気分になって俺の株を上げてくれればいいなと、そう思って書いたんじゃないか。

 

俺は下世話なネタを女性に好かれるために使うやつが嫌いだ。

だってそれ、上手くいけばおおよそセックスに直結するじゃないか。そんなのはズルい。

 

星野源は、その一編を

「こうやっておっぱいへの愛を語っておけば、身近な女性が『わたしのおっぱい揉んでいいわよ』と声をかけてくれるかもしれない、と期待しているのだ」

といったように結んでいた。

 

お前の世界と人気なら、それマジでありえるだろ。ふざけんな。ズルいんだよ。

 

ズルいんだよ星野。

5月

今日はずっとベッドの上にいた。

 

ケータイを見て、眠くなったら寝て、起きたらケータイを見て、眠くなったら寝ていた。

 

22時半ごろにシャワー浴びてスーパー行って銀行のATMでお金下ろしてファミマでディズニーのチケットを買った。

 

帰宅後、豚キムチを作って食った。

 

1時半、ベッドに寝転がってたら家の前の坂をスケボーが滑走する音が聞こえたので、飛び起きてカーテンを開けて外を見たらもういなかった。

何を期待していたんだろう。

 

起きたらディズニーに向かう。

四月末日

最近、記憶力がやばいので、脳の改善は諦めて日々の記録をします。

 

4/30 日曜

天皇賞春、前日の夜まではアルバートかなと思っていたけど、レース前にやっぱりキタサンブラックだろうなと決めたら相手が全然来なくて外した。キタサンはスタート直後に勝ちを確信できる気持ちいいレースをしていた。

今日は9300円投資で5300円回収の4000円負け

 

サークルの新入生歓迎コンパに行った。

何を話せばいいかわからなくて、「魚、好き?」という質問をしてしまった。(この話題のオチとして、メダカは水温が高いと卵を産みやすいという情報を伝えた)

なんか可愛い子がいっぱいいて楽しかった。

 

なんで新歓コンパでなく新入生歓迎コンパと書いたんだろう。

 

足が疲れている。そしてもう5月!

支離滅裂

誕生日

今日2月2日は、モーニング娘。'17 牧野真莉愛の16歳の誕生日です。

 

というわけで、誕生日を記念したイベントに行ってきました。

 

1000人以上の観客に対して牧野真莉愛とMC1人のみ。

質問コーナーや客席からの借り物競争などをした後、5曲を歌って踊った。

 

かわいかった。綺麗だった。輝いていた。歌もうまかった。Yeah!めっちゃホリディがとても良かった。

 

すごく幸せな時間を過ごした。

本当にありがとうと伝えたい。

 

帰るときにはお見送りというものがあって、客が一列になって進み、途中で待ってる牧野真莉愛バイバーイと手を振って見送ってくれた。一人一人にしっかり目を合わせていた。

 

そして、外に出た。終わった。寒い。

 

 

自分の20歳の誕生日を思い出した。

 

3限を終え、帰宅した後は何をしたか思い出せないが、夜になり寿司が食べたいなあと思ったので、誕生日だということは伝えず、5,6人に「ごはんを食べよう」と誘ったが全員に断られた。普段でもこんなことないぞと思いながら1人ではまずしに行った。平日だったので一皿90円だった。

はまずしは、タッチパネルで寿司を注文するとその寿司がレーンに乗せられトコトコとやってくるのだが、ネギトロユッケを頼んだら俺のところに辿り着くまでに誰かに取られていた。まあそんなこともあるかと思い、また頼んだら次も辿り着くまでに誰かに取られた。レーンの一番最後の席だったのでかなり不利だった。

諦めずに注文を続け、6回目でやっとネギトロユッケを迎えることができた。

5皿分を取っていった人(達)にとってネギトロユッケはよっぽど魅力的だったのだろうが、自発的にその魅力に気づき自分で注文して欲しいと思った。

 

そのまま帰るのもなあと思い、カラオケに行った。

会員証を作る際、カードの裏面に誕生日を記入しろと言われたが、当日であることがすごく恥ずかしかった。定員よ、気づくな、と念じながら記入した。

 

その後は適当に歌った。

3曲目あたりに涙サプライズを入れてしまい、本当に失敗した。

カラオケであんなに最悪の気分になることがあるとは思わなかった。

何が「ハッピハッピーバースデイ」だ。

 

5,6時間歌って帰った。

 

 

 

 

一方、牧野真莉愛は自分の誕生日に1000人以上の前で歌って踊って全員を笑顔にした。16歳だ。

 

これは、なんだ。

 

すごいぞ。

 

俺と牧野真莉愛、こんなに人間としての価値の差が明示されることがあるか。

 

卑屈な思想ではない。

牧野真莉愛という存在、アイドルという存在の凄さに驚いている。

 

自分の誕生日に、自分のことが好きな人のためにパフォーマンスをする。

そして、来てくれてありがとうと笑顔で全員を見送る。

 

な、なんなんだよ。

なんだその、人間としての質は。

 

1000人を見送る側の視点で生きる人生とは、一体なんなんだ。

 

もうわからん

福袋

年明け、大学の先輩に「生協の福袋を買って一緒に開けよう」と誘われた。

4年生の女性。

 

5限が終わって、待ち合わせ場所の36号館ラウンジに行ったら、多分これだなという人が壁向きの席に座っていたから、「いますか?」とLINEをして、待っていた。

 

その人から目を離してケータイを見ていたら、いきなり「新春!」と声をかけられて、そっちを向くと先輩が福袋を片手に仁王立ちしていた。

 

その、もはや挨拶とは言えないような呼びかけ方と、在り方に痺れた。

 

こんな人と付き合いたいなと思ったが、その人は静岡に彼氏がいる。

 

福袋を開けて、先輩の方に入っていたかっぱえびせんをもらったりした。

 

マニキュアが綺麗だったので褒めようかと思ったけど、やめた。

 

 

 

 

 

先輩は、家に帰ったらビーフシチューの残りを食べると言っていた。

 

 

別れた後、イトーヨーカドーで牛肉とデミグラスソースを買って帰った。