読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レベルアップ

昨晩、僕は、一つ上の童貞になった。


f:id:jippensha-d:20151111163828j:image


事に及ぶ前に、シャワーを浴びた。

どのパンツを履くべきか、慎重に選んだ。

鏡に映る自分の姿は、いつもより男らしく感じた。

こんなに緊張したシャワーは初めてだ。

頭と体を洗い、浴室を出て体を拭く。

髪を乾かし、パンツのみ身につけて部屋に戻ると



f:id:jippensha-d:20151111164259j:image



すでにベッドに入っていた。

なんて淫乱なんだ。

雰囲気がそれらしくなってきた。

僕は、やさしく、服を脱がす。

f:id:jippensha-d:20151111164415j:image


へえ… 肌、白いんだね…



……

………

ここからは生々しくなってくる※1ので、割愛させていただく。

皆さまの好きなようにご想像ください。




こうして僕は昨日、一つ上の童貞になった。

感想。

射精の瞬間、とても幸福感に満たされる。

「事前にお湯で温めるのはどうか」という意見があったが、体温で徐々に温まるので、それが逆に興奮する。

普段の、手で握る力の強さを思い知った。
(こないだは強く握りすぎて、終わったあと中指と薬指が動かなくなった。)


あまり性事情を語ってもろくな事がないので、そろそろ終わりにする。


この快感は素晴らしい誕生日プレゼントでした。


O氏、ありがとう。






※1 私の竿の形状について事細かに説明しなくてはならない点が多々ある。TENGAだけに。