読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辛くて、うまい、あの…

メガネを実家に置いてきてしまった。

くそ〜 

急に視力が回復すれば万事解決するのに〜

仕方なく寝る直前までコンタクト

5・7・5

実家には14時間くらいしか滞在しなかったんだけど、やっぱりよいですね。

何より、自分で用意しなくてもご飯がでてくるところ。久しぶりに朝ごはんでお腹いっぱいになりました。感謝。

今日は1限と5限だったんだけど、朝6:55に佐野発のバスに乗って、余裕かなと思ったら渋滞で到着時刻が大幅に遅れて「1限遅刻かよ」と思いつつも大学までの電車の乗り換えでちょっと頑張ったら大学の最寄駅に授業開始4分前に着いて、走ったらなんか間に合った。

大学は都内です。

で、1限終わって友達と昼ご飯を食べたらめちゃくちゃ眠かったので5限まで寝た。

3時間昼寝できた。

起きて5限行ったの偉いと思う。

5限の講義で後ろに座ってた男女の授業前の会話。

男「俺、福士蒼汰の先輩と最近仲良くてさ〜」

女「え〜!すごい!」

男「で、俺、福士蒼汰に似てるって言われたんだよね」

女「ん〜 私、福士蒼汰の顔よくわからないかも」

流石に後ろを振り返って確認することはできなかったけど、女の反応を聞く限り、絶対似てませんよね。

最初に「すごい」って言っときながら福士蒼汰の顔わからないって、無理がありますよね。

また、この会話には続きがありまして、

男「誰か芸能人に似てるとか言われることある?」

女「そうですね… 川島海荷とかよく言われますね」

男「…… ふーん」



お前も似てねえんだな!!!

ていうか男、露骨だな!!!



やっぱりこの大学にはブスしかいないのかな。

でも5限行く前にすごくかわいい人が男と歩いてて、僕はその男のポジションになりたいと思いました。

ブスだけじゃない。

とまあそんなことが授業前にあり、やがて講義は始まり、えろい妄想をしながら講義を受けたのです。

で、講義終了後にさっきの男女の顔を見ました。





女、かわいい





なんでだよ。ブスじゃないのかよ。

むしろブスであって欲しかったよ。

ブスであれよ!!!

ブース!!!!!!!!

男は中の下だった。

福士蒼汰のふの字もなかった。

女の反応は正しかった。

女、かわいそうだったな。

まあそんな感じ。

実家の楽さを思い出した後に夜ご飯を用意するのがめんどくさかったけど、まあなんとかお腹いっぱい食べましたよ。



鍋を。




豚とニラとエノキのキムチ鍋。

前回帰省した時に買った鍋が大活躍。

適当にぶち込めば食える。

野菜を食える。

死なない。

豚とニラとエノキ、すごくいいよなー。

しかもそれがキムチ鍋だもんね。

隙がない。

あと、鍋は複数人で食べるものだと考えてるやつ、その甘い考えを捨てろ。

鍋は色々と素晴らしすぎる。

もはや白米みたいなものだ。

一人でも鍋を食え。

複数人集まっても鍋を食え。

生きている限り、鍋を、食え。



命を、燃やせ。