冬のよさ

一人暮らしをしていると冬の寒さをより一層痛感するのですが、逆に、一人暮らしを始めたことで知った冬の良さというものがある。

それは、食べ物が腐りにくいということ。

夏場は、たとえばカレーを作ったとして、そのカレーが入った鍋をコンロの上に放置しておきますよね、そうするとすぐダメになるんですよ。

でも冬は、それがない。






上の文章を書いてから24時間経ちました。

残りのカレーがあります。

食えます。

冬、最高!w



最高じゃねえよ。さみいよ。

俺は夏が一番好きなんだ。

常夏がいい。

グアムに住みたい。

高2の時に、素晴らしい叔父さん家族と一緒にグアムにいったことがあるんですよ。

グアムはすごい。

クソ暑い。

日焼けの恐ろしさを舐めてて、一度も日焼け止めを塗らずにアホみたいに泳ぎ続けてたら最後の夜に背中が死ぬほど痒くなって、みんなスヤスヤ寝てる中、一人だけ静かにもがいていた。

あまりの痒さに、一睡もできなかった。

どうすればその痒みを抑えられるのか全然わからなくて、背中に水をパシパシかけたり、偶然バッグに入っていたリップクリームを背中一面に塗りまくったりしたが、効果はなかった。

結局、朝まで苦しみ続けた。

みなさん、グアムの日焼けはバカにしない方がいいですよ。


なんの話でしたっけ?

冬にも良さはあるって話でしたっけ。

そうですね、冬は背中を日焼けしないんでいいですね。


という話ではないですね。

冬は食べものが腐らなくていい。


ていうか、上の「結局朝まで苦しみ続けた」以降は、それ以前を書いた時から48時間経った後に書きました。

なかなかぶっ続けで書くのは難しい。
授業と授業の間に書いたりするしね。


今は栃木に向かってます。


RHYMESTER聴いてます。

最高。





10balls+2

これは KICK THE CAN CREWとのやつですね。

めちゃくちゃかっこいい。



眠い。いま、新白岡

待ってろ、栃木。