読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だよ〜〜〜〜〜!!!

「英語のほうが、思ったことを話せるみたい。」

という英会話スクールの広告を電車の中で見たのだが、それはもうネイティブじゃないか。

第二外国語として英語を学習しても、母語である日本語の能力がそれより劣ることはない、いや、劣ってはいけないと思う。
座っていた席からの距離的に細かい説明を見ることはできなかったが、あれは本当にどういう意味だったんだろう。
もしかしたら「英語」そのものを褒めていたのかもしれない。
言語として英語は優秀ですよ、だからみなさん英語を勉強しましょう。ということか?
それはない。
日本語と英語を比べただけでも、日本語の方が表現力が高いと思う。理由を述べるのは面倒だからしないけど、そうなんだ。
いずれにせよ、母語で思ったことを最もよく表現できなければなんか、ダメだ。本末顛倒だ。母語じゃない。

最近、本を読んでいる。穂村弘川上未映子。主に穂村弘ブックオフ最高。
春休み中に10冊は読みたいので。

俺はエッセイが好きなようだ。

小説も好きだけど、日記やエッセイのような、その人の生活にあったことがその人の言葉で表現されているものが好きだ。 

むしろ最近、小説を読んでいない。読みたくなってきた。でもやっぱり本屋に行って探してしまうのはエッセイなんだよなあ。好きなものは好きなうちにたくさん触れよう。

新しいバイトを始めた。疲れる。
商品を持って階段を上ることがあるのだけど、よくつっかかりそうになる。段の高さが俺に合っていないのかも。合え。

あ〜〜〜〜〜

クドカンってすごいよな。
本当に面白い話を書く。

木更津キャッツアイ、小学校の頃に観たっきり全く触れていなかったんだけど、今また観ている。6話まで観たかな?
 
泣ける。

笑えるしなあ。ずりいよ。

「ぶっさん、かっこよすぎ!」
「めちゃくちゃ笑えて、泣けました!」

「(せーの、) キャッツアイ、最高〜!」

絶賛上映中。



ぶっさんがめちゃくちゃかっこいい。

オジーもとてもよい。

岡田准一古田新太、最高だよなあ。

はあ、、、、、






すき





クドカンの話に戻るけど、彼、ニッポン放送で番組持ってんだよね。ANNゴールドかな?

それが、ま〜 つまらなかったんだよなあ。
自分を褒めるメールを読みすぎていて。

そんな時間あったら自分の話をしろや〜 もしくはネタ読めや〜 と思う。

雑誌のインタビューでクドカンがラジオについて話してて、憧れやルーツについて話していたから、全体的な理想は聴いてなんとなく感じたけど、うーんって感じだなあ。ちょい残念。リスナーからのネタも微妙。

ネタ系番組のリスナーの質がトップクラスに高いのは、伊集院光の「深夜の馬鹿力」と爆笑問題の「爆笑問題カーボーイ」です。

これらはもう、レベルが違う。どんなに考えても出てこないようなネタがばんばん出てくる。本当にすげえんだよ。
聴いてみてくれ。
どちらもTBSラジオ(AM 954kHzまたはFM 90.5MHz)で、伊集院は月曜深夜1時から 爆笑問題は火曜深夜1時から。JUNKというシリーズの番組。(ニッポン放送でいうオールナイトニッポン)

ていうか俺はあんまりオールナイトニッポン聴いてないんですけどね。
TBSラジオしか聴かないので。

中3から高1にかけてTBSとニッポン放送文化放送を聴いて、「TBSが一番おもしれえじゃん」ってなってそれ以外を聴かなくなりました。
つまりTBSが一番というのはあくまで俺の意見だからクドカンの番組も聴いてみるといいと思うよ。

TBSが一番だと思うけどね。自信あり。



ラジコってアプリでどこでも聴けるので、みんなも聴いてみればいいと思うよ、ラジオ。

どうしても聴きたくねえって人も、災害時のために事前にインストールしておくべきだと思います。

災害時にラジオは役立つぞ〜。

俺を信じろ。



そんなわけで春休み2回目の更新。

あと3回はいけそうだな。

うおおおおおおおおおおおおおお
1600文字