続・時計

前回の記事が書かれた日付を見て驚いた。ちょうど1ヶ月前じゃないか。その記事では「家の掛け時計が電池切れになったまま10日が過ぎた」と言っている。

そこから1ヶ月を経た今、まだ時計の電池は入れ替えられていない。自分の行動力のなさを知る。そもそも時計自体を存在しないものと捉えている節がある。

そもそもケータイがあれば時間はわかるから、掛け時計が止まっていたところでそんなに不便でもない、と思う。

しかし、まあ、電池を入れた方がいいだろう。理屈もあるだろうが、時計の電池が切れていたら新しい電池を入れるのがきっと正解だ。

 

よーし、やるぞー!

うおー